上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ1

2人を繋ぐいろいろなもの。


いろいろ2

イロイロ。


いろいろ3

いろいろ。
スポンサーサイト
指輪ケースウエンジ



指輪ケースウエンジ2




指輪ケースウエンジ3




ウエンジ指輪ケース4




指輪キング

確かな自分の手応えと、達成感。
でも、相手に届くかどうかは別物です。

納品後、お客様からのご連絡をいただき
ようやく、自分が込めたものが届いたことを知り安堵します。

カタチあるものに宿るカタチのないもの。

開けた瞬間の感動に全てをかけました。




2015.04.17 黒柿の指輪
黒柿指輪



先日、結婚指輪を作らせていただきました。

材料のご希望は「黒柿」でした。

黒柿がかなり希少な材料だということは分かっていましたが、
僕も今までに使ったことがなくて、
そっち方面に強そうな材木屋さんをあたってみるも、
なかなか見つかりませんでした。

ないことはないのですが、
作る物が指輪なので量は極少量で良いのです。
また、仕上りのカタチがかなり小さな輪になるので、
木目としてもかなり細かくくっきりとした目が出ていないと、
折角黒柿の良さが仕上りに表れません。

黒柿の良い木目の物はほんとに高価なので、
大きな固まりとなるとすぐに数万円の値がつきます。

はっきりとした黒柿らしい良い目が出ている物を少量だけ。

となると、希望に沿う物はなかなか見つからなかったのです。


そして、探すこと3ヶ月。
同業の方が声をかけていただき、これ以上ないと言う良いものを
必要な分だけわけて頂くことができました。

お客様は急がないのでじっくり探して下さいと
言ってくださってました。
また僕も、何の根拠もないのですが、
ご縁があれば良い材料にもかならず出会えると思っており、
時間は掛かってしまいましたが、
ご希望に沿うことができ僕も嬉しかったです。




黒柿指輪2





虹紙製作所/nijigamitool facebookpage
アルミ1


木婚式の記念に指輪の注文をいただきました。


アルミ2

今回も男性用の中に女性用がすっぽりと入るデザインです。

アルミ3

サイズ、強度の問題もあるので、
限られた条件でないと出来ません。

アルミ4

今回、提案させていただいたのはアルミの台。

「木」が引き立ちます。

2012.12.05 ペアの指輪。
Zu-Ro design...さんよりペアの指輪のご注文をいただきました。

今回は、14号と32.5号のペア。

別注で30号までは対応していたのですが、そんなに大きな指の方もおられなかったので、
32.5号いいうのは初めてでした。


お客様も、中々指に合う指輪にお目にかからなかったようで、今回ご縁があって作らせて
いただくことになりました。



左が32.5号、右が14号。
樹種は、外側:縞黒檀 内側:イエローハート
指輪1




14号の指輪が32.5号の指輪の中にすっぽり。
指輪2


ご注文ありがとうございました。
たくさんの幸せがありますように・・・。
2012.10.21 結婚指輪
嬉しいメールが届きました。

指輪


無事に結婚式を終えられたということで、結婚式での指輪の写真を送っていただきました。

素敵なご夫婦なんですよ。

家に来ていただいて、指輪のご注文を頂きましたが、幸せをたくさん分けていただいた
ように思います。
自分たちも初心に返る、いい機会になりました。

いつも思うことですが、人生の大事な節目に関わらせていただき、本当に嬉しく思い、
感謝しています。


末永くお幸せに・・・。
2012.09.14 Ring
久々の新作指輪です。

材料は、メープルとローズです。

最近のお客様より細いものがいいと言うご注文が多いので、
細めに作りました。

ring



ご無沙汰しております。

今回も結婚と言う人生の節目に携わることができました。
毎回思うことですが、本当にありがたいことです。
末永くお幸せに。

ringstand4

指輪の木の部分は白いメープルをローズウッドで挟み、
アクアマリンを中央に、周りに銀の象眼を配しています。
これは繰り返しやり取りさせて頂く中で、
お客様ご自身がデザインして下さいました。

ringstand2


ringstand1

いろいろお話しした結果、
指輪台は家のカタチとなりました。

ringstand3

家の煙突部分に指輪を置くことができます。
また、2段にスライドし、
中にも、指輪やちょとした記念になるようなものを入れておくことができます。

daia.jpg

中には革を貼りました。

dai.jpg

yubiwakuro.jpg

ずっと前に書いた記事「漆の指輪」

日付を見ると2010/10/05と、もう2年近くも前なのに、
未だに虹紙製作所のラインナップに漆が見当たらないところを見ると、
どうやら頓挫したのだなと簡単に推測されるのですが、
実際のところ、どうなのかというと全くその通りで、
結局自分の指がかぶれると言う、まさかの結果に、かなり前から計画停滞中なのです。

体質にもよりますが、漆というのは乾くまでにはかぶれる恐れがありますが、
完全乾燥後は安心、、、
と聞いていましたし、
色々なところで読みましたし、
何の迷いも無くそう認識していました。

ですが厳密には、漆のかぶれの成分は乾燥後も極微量ながらかなりの長期間
出続けているそうです。
実際に私がかぶれた指輪は塗ってから1ヶ月以上経過したものでした。

うつわなど、軽くさわる程度のものなら問題ないのでしょうが、
指輪という常に肌と密接するような場合、体質によっては、
乾燥したのもでもかぶれが起こってしまうとこがあるようです。

ありがたいことに2年前の記事を見て頂き、
お問い合わせも頂きますが、
申し訳ないことに、現在開発中、
良い結果が出ればお知らせしますとお答えしたきり進展なしでした。

しかしこのほど、また少しアイデアがわきましたので、
すこしずつ進めて行ければと思います。


2012.06.25 結婚指輪
marr

6月だからでしょうか。

結婚指輪のご依頼を3件もいただいておりました。

ありがたくも恐れ多いことです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。