上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日、ようやく浜田さんのところに勉強に行くことが出来ました。

先週「ウェグナー展」、「木の仕事展」でお会いしたところなのだが、
教室となると久しい。本当に久しい。

工房のお引っ越しがあったり、
自分の職場が変わって何かと余裕がなかったり、
やっと落ち着いてそろそろ行けそうだというところに怪我をしてみたり、、
と、なかなか都合がつかずに日記で前回の教室の日を調べてみると
なんやかんやでもう半年以上経ってまんな。

現在浜田さんデザインの椅子の基本を勉強出来る「椅子」を
製作中で前回は原寸図を書き終え、次回から1/5モデルを
作ろうというところでした。
模型ならだいたい1日で出来ると言う話でしたが、
いつも横道それ放題で今回はいつも御一緒させて貰っている
賀來さんだけでなく、同僚の改之さん他、
見学者もあわせると6名ということで、
まともにすんなり進むとはとても思えないが、
実のところこの「横道」も相当勉強になるので、
自分の作業中でも気になる話題が出れば躊躇無く中断して
そこにのっかっていくのです。
目的は課題を速やかに完成させるという事だけではないので、、、
なんて一つも前に進めずにこんなえらそうなこと言ってると
浜田先生に叱られそうです。

結局、予想通り模型は仕上がらず、
そして同じく予想通り今回もまたいろいろ知らないことや、
これからの仕事に応用出来そうなことについて話が出来ました。

模型は仕上がらなかったが、今までよく分かっていなかった
複雑な角度についての理解がより深まったと思います。
丸鋸を傾斜させて加工する現物とは違い、
1/5モデルでは部材に角度をつけて木口を削っていくのですが、
傾斜を出す方法は同じで、
まだまだ、少し場数を踏まないとものにして
すんなりと使って走ってはいけないが、
いい勉強となりました。

しかし、本当はこんなのも木工の基本中の基本なのかなとも思う。

今回は作業風景でも撮ってみようかと
デジカメ持参で臨んだにもかかわらず、うっかりと撮り忘れ。
また、復習をかねた簡単なモデル製作過程でも、
そのうち紹介してみようかと思います。



そんなところで今回の浜田学級も終了、解散となり、
帰路についたのだが、途中で同僚の改之宅にて
鍋パーティーがひらかれるという情報を得て
なかば強引に押し掛ける。
蓋を開けてみれば何やら参加予定の友人が来なかったらしく
自分、家の嫁、賀來さん、改之君、その彼女という
想定し得ないけったいなメンバーで鍋を囲む。
たいらげて暫く雑談してそして退散。
かなり気を使わせてしまったのではないかと思い、
近所のお好み焼きの「伊古奈」へ、今度おごるからと誘う。

「伊古奈へ行こな」というフレーズが頭をよぎるも
流石に口には出さずに胸にしまっておく。



スポンサーサイト
木の仕事展が水曜日をもって無事終了しました。



まだ会員でなく、完全な来場者として訪れた去年の展示会と比べても、
今年は更に充実した内容となっていたことが明らかにみてとれました。

入会前から何かと、会の活動、在り方について会員の方が
考えたり悩んだり意見を出し合ったりしている場面に
たまたま居合わせる機会が多々あったり、
また、入会してからも、今後この会をより意味のあるものに
していこうとする働きかけ、ミーティングや勉強会等
に参加させてもらい、各自の「前へ」という気持ちや
行動を見せてもらっていただけに、
今回のより充実した展示会は出展しなかった自分にとっても
とても嬉しいものでした。

そして、これからもいろんな角度で成長して行く予兆が、
ここ最近の会の勢いづいている雰囲気からも感じられました。
今後も、「行動」から問題や課題を見つけて反省し、
それらを今後にフィードバックしていく姿勢を根付かせて
進歩していくことだろうと思います。

さしあたって自分の反省点としては、
やはり、内輪話の魔力に憑かれてしまったという事か。
後々から他者の「動き」を思い浮かべると、
もっと自覚が必要だったかと思う。



関係者ならびに、お越しいただいた皆様ありがとうございました。



2007.10.25 バターナイフ
バターナイフ


日曜日、木の仕事展に行った際に購入。
製作は会のメンバーの津田佳恵さん。
メープルを削り出したこのシンプルなカタチは
主張せずにまわりに調和してくれそうです。
違和感なく馴染めるプロポーションに津田さんの
バランス感覚がうかがえます。
自分も入会している「木の仕事の会」のグループ展が
長堀通りのギャラリーにて開催されますのでお知らせします。

『木の仕事展』


<日時>
10月16日(火)~24日(水) 12:00~19:00(最終日は17:00まで)
<場所>
ギャラリー キャナル長堀
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-11-14
TEL&FAX:06-6251-6198
<出展予定者>
浅野紀子、池田耕太郎、賀來寿史、谷口裕司、谷本裕、谷山勉、津田佳恵、
豊川忠宏、名嘉眞正、西尾吉世、服部篤、松下由典(五十音順/敬称略)

DMはこちら
案内面
宛名面

昨年の様子はこちら……


ご興味もたれた方は、お誘い合わせの上是非お越し下さい。
本日は、浜田工房の浜田由一さんが奥様とともに、
ARCO DESIGNさんにて開催されている
「ハンスJ・ウェグナーとPPモブラー展」に行かれるために来阪。

先週既に奈良での展示を観てきた自分ですが、
この機会を都合がつくのに逃す手はないと
御一緒させていただきました。

PP展の前に木の仕事の会の木の仕事展をのぞいていただき、
その後、会のメンバー数人を連れ立って靭公園北の会場へ。

椅子現物を目の前にして、浜田さんからでなくては聞けない
とても貴重なお話に一同聞き入る。
授業料が発生してもおかしくない程の
中身の濃い展示会見学となりました。

本日印象深かったキーワード
「コンプウッド」
... 続きを読む
ZOOの永田さんよりDMを2枚送っていただきましたので紹介します。

『ZOO の仕事展2』

・永田健一

・2007.10.9 tue-10.21 sun
 open 11:00-19:00(最終日17:00 close)

・DELLA-PACE
 神戸市中央区北長狭通4-9-10
 黒沢ビル1F 〒650-0012
 TEL/FAX 078-392-9638
 定休日 月曜日
 地図はこちら


永田さんが在廊されるのは、
10/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)とのことです。
日曜に行ってきました。

奈良県桜井市のJP.Formeさんに到着すると
パーキングに見覚えのある車が。
中に入っていくと、この展示会をお知らせしてくれた
家具の音楽の名嘉眞氏がおられました。
こちらの姿をみとめても、驚きもせず
「やあ、そろそろくるとおもったよ」と言った感じで
平常心を全く乱さない落ち着きぶりに、
「なんで?」っとこっちが驚きうろたえ動揺しました。

さて、ウェグナーの椅子がずらりと並んできた訳ですが、
最も良く目にする「Y-チェアー」、浜田さんのお宅にあった「ザ、チェアー」
以外は今まで座ったことがありませんでした。
たまにお店で見かけたとしても座れないようになっていることが殆どでしたが、
今回は、「ピーコック」、「テディーベアー」、「フラッグハリヤード」等、
今乗ってる車が何台か買えるような高価な、
本でしか見たことなかったようなものにも、
実際に触れて座って感触を確かめることが出来、
とても貴重な経験となりました。

また、展示スペースにあったモニターでは、
製造元であるPPモブラーの工場での製作過程が流されており、
話に聞いていた3次元NCルーターが、笠木の形状を、
あっという間に削りだす様子が見れた。
しかしながら、その後の工程では手作業による仕上に思いのほか
時間がかけられていました。
僅かな時間に圧縮された、大まかな完成までの流れの動画でしたが、
最新の機械の技術と熟練した手仕事が、どちらも欠いては
成り立たないんだなと感じました。

この展示会、是非とも足を運んでいただきたいのですが、
残念ながら、日曜日が最終日でした。
でも、これは巡回展だそうで10/19からは
大阪のARCO DESIGNというところでひらかれるようです。
2007.10.08 80mm
秋田道夫さんデザインの湯のみ「80mm」が先日家に届きました。
Afterhoursさんにて購入。
80mm

嫁の洗い物を手伝っていると(決して普段からそんなに手伝ってる訳ではない)、
四角いしゃもじ入れの底のすみの水垢がなかなかとれなかったので、
「この80mmはな、茶渋がつきにくいようにちゃんと底が丸くなってるんやで」
と、自分が作った訳でもないのに得意げに嫁に説明すると感心してました。
バツグンなのはプロポーションだけではございません。
二重構造になって、手に熱が伝わらなくどっしりと安定しています。

どうやら現在「黒80mm」が開発進行中のようですね。
完成が楽しみです。
2007.10.06 消えた1日
今週は1日少なかった。
木曜のはずが気がつけば金曜でした。
要するに、当日を含めあと3日働けば休みのはずが、
明日はもう土曜日という状況になってました。

空白の1日はおそらく徘徊でもしてたんでしょう。

そういう訳で、1日早く休みが来ました。
2007.10.04 テレビ
テレビなんて映ればなんでもいい。
どうせそんなに長時間見ることもない。
地デジ対応に移行なんて寸前でいい。
そら薄い方がかさばらなくよろしいけど、価格を考えるとブラウン管で十分。

そう思ってましたけど、最近ちらほらDVDで映画なんか見たりしてますと、
大きさは相応で良いとして、ワイド型が欲しいと思った。

あと、番組見てるときはそうでもないけど、
映画見て得るときは、画面に電灯が写り込むのがとても腹立たしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。