上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.29 曲げ木講習会
浜田工房で曲げ木講習会がひらかれた。

今回は薄板を熱で曲げるための装置も製作する。
曲げ木の方法というよりもその装置である、ベンディングアイロンの製作が主だ。
いつもと少し違うのは、タップ切り等の少々の金属加工に加え、
温度調節のための回路も素子を基板にハンダ付けして作ることである。

装置の木部はさして難しいところもなく問題なく出来たが、
問題は電気に関するところ。
ハンダ付けもなかなかコツが必要だし、
肝心の回路については結局理解は及ばず、言われる通りに作業しただけだった。

浜田工房に通わせていただくようになって3年近くなるが、
工房にある機械で、手が加えられていないものは無いと言ってもおかしくない。
手元を照らすライトや、ダストを飛ばすブロアーを増設し、
それを別電源でなく、内側から電源をとったり、
強度を上げるためにアングルを溶接したり、
小さくて操作性の悪いハンドルを大きな自作のものと交換したり。
電気、金属、アクリル、あらゆる方面からアプローチがなされている。
スイッチひとつにしても、元の位置のままのものはほとんどなく、
作業上もっとも自然な流れで操作出来る場所に移設されている。

仕事柄、頻繁に扱う「木という素材」や「木工の手法」以外の事が
可能性を大きく広げてくれるということをしばしば痛感する。

電気も理解して使いこなせばどれだけ幅が広がる事だろうと思うのだが、
これは実際に手を使うところは、慣れで幾らかやっていると、
それなりに出きるようになりそうだが、
そもそもの理屈を完全に理解するのが難しい。
今回の講習で電気について一歩踏み込んだのだが、やはり、一筋縄ではいかなかった。
細かいところ理解出来てなくても、利用出来るような方法の模索も必要かなと思う。

ベンディングアイロンは無事完成。
bendingiron




スポンサーサイト
2009.06.27 サザエ
sazae

うちで、サザエを焼いて食べる。

sazae2


何気なく使っていますが、
潜在的な接着強度を最大限まで引き出すのは、
いろいろな要因、条件をがからんでおり、
とても難しい。
epokisi.jpg
2009.06.18
先日の浜田工房終了後、
近くで丁度、ほたる祭というのが真っ最中ということなので、
見物することのできるスポットまで案内してもらいました。

目的の川のそばにたどりつくと、小さい光が見えてきました。
その日はいつもより少なかったそうですが、
それでも、何とも言えない加減の色と光が飛び交う様はとてもきれいでした。

hotaru
写真に撮るのは難しいですね。

うちの奈良の実家の前は田圃で二十五年程前には、数は少ないものの、
ほたるを見ることが出来たのですが、いつのまにかいなくなりました。

姿を消しつつある生き物と言えばタガメもいますが。
タガメはそのがっしりした体つきから子どもに大人気。
カブト、クワガタと並んで、かっこええ虫ランキングでは
常に上位に居座ってる虫として知られていますが(うちらの時代)、
僕はタガメはギリギリアウト。
幼少期にはうちの周りからはすっかり姿を消していました。
「ちょっと前にはこの辺にもおったけどなあ」という話は聞いたものの、
未だに一度も生きている実物を見たことがありません。


浜田工房では、少しいつもと違う光景が。

mac

CADの教室をひらいてくださった。

「とっかかり」だけでもこうやって一から基本を教えて頂けるのはありがたい。
訳も分からぬまま独学で手探りではじめるよりも大分と近道です。
2009.06.13 看板
今日、郵便配達の方が呼び鈴を鳴らして、こう言われました。

「あのう、『かえる』みたいな字で、その後に『紙』『製作所』って宛名で来てるんですが、
此処でよろしいんでしょうか?」


看板あげとかなあきませんね。
2009.06.07 カッターの刃
仕事ではカッターの長い刃をしならせて使うことが多い。
だから、切れ味が落ちたからといって、刃を折っていくと
短くなって次第に使いにくくなってくるのです。

これがもったいなくて、切れ止むと刃先だけ研いで使っていました。
もちろん、材料への食い込みなど切れ味は折りたてのものよりも少し劣るが、
短くなっていかないのでいつまでも長さは使い易いままでした。

だからもう、3年程同じ刃を繰り返し研いで使っていたのですが、
流石に刃先もちょっと厳しくなってきて、そろそろ限界かと
思っていた矢先にかなり根元で折れてしまいました。
たかだかカッターの替え刃でも3年も使いつつけていると、
折れたときにはそれなりにショックでした。

恐らくコスト的なことを考えても頻繁に折って、
切れ味を保って仕事に臨む方がよっぽど効率的なんだろうと思うが、
なかなか「ポキッ」と割り切れないのです。

stool

写真は特に本文とは関係無し。
友人のtaisaのところに遊びに行く。

boos]

機材があれこれとならんだ自分の製作のベース。

いろいろ機械を揃えつつある僕の1Fガレージに通ずるものがあり、
妙に落ち着く。

trio

何のためのものかよく分からない機材から、
おもしろい音がでてきてそそられる。

2009.06.01 名古屋
木工家ウィークでは今までに無い良い空気を感じました。
それが、会場から出るものなのか、出展者達が放っていたのか、
また、地域性なのか、経験の浅い僕には判別着きませんでした。
いずれにせよ「これ」という単純なものではなくて全部込みで
ということなんだとは思います。


やっぱりブログも熱いうちに書くというのが本当のところというか、
案の定、完全に鮮度が落ちてしまっているのが、如何なもんかと思うのですが、
相変らず、頭でもやっとしていてアウトプットするのは不得手なもんです。



名古屋は意外と近い!
唐突ですが、今回発見したことです。
距離的にも金銭的にも。

仕事関係無しに是非ともまた遊びに行きたいと思いました。
十分日帰りで楽しめる距離です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。