上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.30 整理
新しく機械を導入するにあたって、
工場の整理を考え中。

工場と言うのはほんとうにスペースがあればあるだけ
ものが増えて行く。

特に道具と端材。
道具は「大は小をかねない」ものがおおくて、
たまにしか出番がないというものがたくさんあるが、
それらがないとまた、仕事にならない。
端材は、ある量を超えると把握出来なくなるので、
あることに気付かず、新たな大きい材からとったりして、
結局無駄になることも多々あるのだが、
廃棄する踏ん切りをつけるのが難しい。

スポンサーサイト
自分でもよくわかりませんが、
野球熱(やる方)が日を追うごとに高まってくる。
僕は水泳部で小さい頃のキャッチボールぐらいしかやったことないので、
昔を思い出して、と言う訳ではないのです。

たまにバッティングセンターに行く。
空振りが多くて恥ずかしいので人の少ない時間を選ぶ。
たまに芯にあたると気持ちがいい。
生まれる前から誰かにプログラミングでもされていたかのように、
芯に当てようと苦もなくひたすら突き進む。
で、あたったら気持ちがいい。

最近、こういう自分でも出どころがよくわからない、
湧き上がってくるものも、少し大切にしています。
yubiwa3

製作過程での失敗で、
最後の段階までたどり着けない指輪が、
8個に一つ程度の割合であります。

もう少し確実に出来るようにいろいろと見直さないとけないのかもしれませんが、
今回、片側の表面が少し飛んでしまったのを、赤い違う木で埋めてみました。

すんなりと最終のなるはずであったカタチにたどり着けなかった訳ではありますが、
あたまから役立たずの札を貼ってしまうのにも抵抗があります。
(もちろん最初から指定、指示があって、それに答えられていないのならお話にならないですが。)

今回、この回り道をした指輪もその経緯もお話しして、
他の指輪と合わせて提案させて頂いたところ、
仕上がりも気に入って頂きこちらを選んで下さいました。

「まっすぐに行かなかったもの」ととるか、
「色々あったが最後に辿り着けたもの」ととるかなんて言うことは、
あまりにも虫が良すぎる理屈なので、
作った本人が言ってはいけないのかもしれませんが、
こちらを評価して下さったことはとても嬉しいことでした。




2010.09.13 潮溜まり風呂
近頃は休みの度に海へ。

umi
昨日行った所はこんなところ。

umi2
潮溜まりがたくさんあり、小さいところは水温が上がっていい湯加減に。
扱うのを断念しようかと思うほどしつこい漆かぶれにも効くようで、
かゆみがおさまる。
2010.09.10
今日は塗り方を教わりに、MR漆の佐藤さんのところへ。
漆の指輪を作るにあたって、技術のこと技法、手法のことを実際に
いろいろと見ることができ、
可能性が広がるところもあり、考えを改めないといけないところあり。
真剣に相談にのってくださることに感謝してます。

いつもの「木」そのままの色とは違う、
塗りならではというのを見たいので、
青、赤、白といった色を今試しに塗っているけど、
予想以上に顔料の発色が良くて、積み木みたいな雰囲気になりました。

かぶれの方は両手、両足、お腹までひろがっていて、
仕事中は気にならないものの、
じっとしていると、痒いのでちょっといらっとしますが、
漆かぶれとしては、そんなにひどくないようです。



2010.09.06 波打ち際野球
wakayama1

wakayama2

wakayama3


2010.09.03 漆かぶれ
urusi
かぶれてしまったようです。
見た目ほど痒くも痛くもないけど、
徐々に広がっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。