上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
caster

caster2
今使っております、低床キャスター

特徴は
地板に半分埋め込むようになっておるため、
車径のわりには床からの高さをあまり取らなくても良い。
スポンサーサイト
2011.07.15 侘び草
wabi2

最近、侘び草の元気がなくなってきて、

名前の通り侘しい草になった。
countdown

打率みえへん。
2011.07.09 材料
whiteoak

材木購入。

いつもは、こういう一括り(バンドルと言う)の中から選んで、必要な分だけ買っていましたが、
今回は丸ごと購入してみました。

バンドルから選んで買う場合、買いに行ったタイミングによっては、
どうしても残りの材料でこちらの希望に見合った物が、
残っていない場合も多々あります。

さすがにこれだけの枚数だと、素直な、割れ、節等がないもから、
強烈に反り倒しているもの、色々ありますが、
癖のある材料は短い部材にまわせば問題なく使えたり、
素直なものは、それがふさわしいところに使えたり、
この大きな括りを「全体」として考えることで
より適材適所にあてることができ、材料の有効利用が出来そうです。

この括りをばらして、
節や、割れ、反り等の状態を1枚ずつ確認。
急な偏った乾燥からくる割れを防ぐための割れ止め等を塗り、
炎天下の中ちょっとふらっときましたが、
今後の製作のための意義ある下準備ができ、
いろいろと勉強にもなりました。

kane


木の仕事の会で開かれた「チップソー勉強会」へ参加してきました。

会場は「兼房(かねふさ)」さんの愛知の本社です。

兼房さんと言えば、
木工等に関わっている方なら、知らない方はいない程、
チップソー等の刃物に、その刻印をよくお見かけします。

今回教えていただきましたが、木工だけでなく
幅広い刃物を取り扱っておられます。

とても大きな工場を見学させていただきました。
蓄積された経験、高い技術にも驚かされましたが、
研ぎ澄まされた人間の「感覚」も大切にされていて、
それらが、同じベクトルで良い刃物作りに向い、注がれていると言うのが、
細かい専門的なことがよくわからなくとも、びしびしと伝わってきました。

ものづくりに対する姿勢をちょっと正させていただいたように思います。
刃物だけでなく、僕自身もちょっと「切れ味が」増したような気がしました。
もちろん、いい意味で。

快く受け入れて下さった兼房株式会社さん
企画していただいた、工房齋の斎田さん
画像をお借りした城森さん
ありがとうございました。

2011.07.05 *10
kazu

今回はちょっとした数もんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。