上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.25 chair
試作を重ねていた椅子がようやく完成しました。

chair2

奥の椅子は、昔のトラックの帆に使われていた帆布生地。
出来上がってしまえば何でもないように見えますが、
上手く張るのは相当難しいんです。

この生地、丈夫で使って行くにつれ味も出てきます。
そして思いのほか、肌触りも良いのです。

これを使って椅子をつくれるのもDr.チェアーの平田さんのお陰です。

chair1


同じ椅子なのに、生地が違うと全く違う椅子に見えます。

写真では赤一色に見える椅子は、実は、黒と赤のチェックの布なんです。
かわいい感じに仕上がりました。


chair3

ゼロの段階から試作を重ね、
ここまで来るまではかなり過保護で、椅子のことばかり考えていましたが、
こうやって出来上がると何か自分の手から離れて行くような感じがします。

ここから先は他の誰かが、この椅子を育ててくれるのかもしれません。
スポンサーサイト
ご無沙汰しております。

今回も結婚と言う人生の節目に携わることができました。
毎回思うことですが、本当にありがたいことです。
末永くお幸せに。

ringstand4

指輪の木の部分は白いメープルをローズウッドで挟み、
アクアマリンを中央に、周りに銀の象眼を配しています。
これは繰り返しやり取りさせて頂く中で、
お客様ご自身がデザインして下さいました。

ringstand2


ringstand1

いろいろお話しした結果、
指輪台は家のカタチとなりました。

ringstand3

家の煙突部分に指輪を置くことができます。
また、2段にスライドし、
中にも、指輪やちょとした記念になるようなものを入れておくことができます。

daia.jpg

中には革を貼りました。

dai.jpg

whiteb.jpg

見た目なんとなく涼しそうでよし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。