上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.30 杉のすのこ
杉踏み板2


これ、間にスリットがないので恐らく「すのこ」とは呼べないんでしょうが、
適当な呼び名が見つからなかったので。



キッチンの高さが身体に合ってなくて、
酷い肩こりに苦しんでおられるお客様からの依頼。

とてもそのままではキッチンに立てないと言うことで、
ご自身でホームセンターで購入したすのこを2枚並べ、
その上で家事をされていましたが、
不安定だったので、もっとしっかりしたものをと言うことでご依頼いただきました。

長さはキッチンの端から端まで目一杯取り、
奥行きも床下収納に干渉しない限り極力広く確保。
高さ5cmのステージの様なものを杉のフローリング材で作りました。

床に置いているだけなので、
掃除の際にも簡単にずらすことも可能です。



キッチンの身体に合った高さは
身長から割り出す公式もあったりもしますが、
もちろんこれは一般的な目安で、
実際は人それぞれ。
メーカーショールームなので「私の身長なら、、」と尋ねても、
「実際に色んな高さを体験されて下さい」
と、あくまで実際使うお客さん自身が決める様に促します。

ところが、「高すぎる」「低すぎる」ならはっきりと分かるのですが、
本当に微妙なちょうど良い高さと言うのは、
短時間にショールームのキッチンの前に立ってみても、
なかなか分かるものではありません。

シンクの底、まな板で切るところ、コンロにお鍋を置いたらとき、
と、場所によっても高さが違うことも、よくわからなくなってくる要因だと思います。

今回のお客さんの身長は150cmでキッチン高さ85cmをお使いでした。
もちろんショールームでも高さは体験されたようですが、
実際に肩こりが始まったのは実際に住み始めて2ヶ月程経った頃だと言うことです。

偶然にも、使い手の身長、キッチンの高さ共にうちと全く同じなのですが、
うちの嫁にはとても快適で何の問題もないようです。

傾向としては、高さが低いとかがむので腰に、
高いと腕を上げないといけないので肩に負担が掛かることが多いようです。
キッチンの高さ決めと言うのは念入りに時間をかけた方が良いですね。

杉踏み板


納品後は肩こりもおさまり、快適にキッチンに向かって頂けました。


長さ:2400mm 幅:380mm 高さ:50mm
材料:杉



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。