上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文机1

文机2

文机3

A様

現在無塗装の状態なので、
着色なしのオイル仕上げとしても、もう少し色が濃くなります。

こうやって見てみると、着色ウレタン塗装でも新たに埋めたカリンの部分(薄いオレンジのところ)も
違いが分からなくなる程同色に着色するのは難しいかも知れません。

個人的な好みとしてオイル仕上げをお勧めしましたが、
お電話でお話しした感じですと、ウレタン塗装の方があってるかなと思います。
遠慮なさらずおっしゃって下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。