上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼食後は道の駅2階の金物展示販売所を
ぐるっと一回り見た後、高田さんのところへ向った。

2階がショールームになっており、
様々な刃物がガラスケースにぎっしりとつまっている。
そちらの方も気になりつつ、
高田さんと鋼についてお話をする。

玉鋼の話題になり、色々聞くうちに新たな発見、思った事があった。
たたら製鉄法により出来た「けら」のうち炭素量の多いところが
良い玉鋼になると思っていたのだが、炭素量が鋳物レベルまで多すぎて
鋼として使えない物もあったようだ。
しかしながら、刃物用の鋼として使えない部分もそれぞれ
いろいろなところに適材適所に無駄無く使われていったのだろう。
一頭捕まえても全て無駄無く使い尽くす鯨を思い出した。

何時間いたのかもう時間の感覚も完全失う程長居したあと
加古川インターから究極の卵掛けご飯を食べにいく。
以前からよくラジオで聞いて是非一度と思っていたので、賀來さんに
お願いして立ち寄ってもらった。
黄色というよりもうオレンジに近い、弾力のある黄身に
それ専用の醤油での卵掛けご飯。
やはり、わざわざ来るだけの価値はある物でしたよ。

それから家まで送ってもらったついでに少し寄ってもらい
そこでもまた話し込んだ。
三木とは全く違う方向性の話だったが、とても勉強になった。
今の自分が最も優先して考えていかないといけない事だろう。

結局帰られたのは、11半頃だったか。
今日もまた恐ろしく中身の濃い1日だった。
何とか死なずには済んだが、自分のキャパの小ささを改めて実感。
疲れ果てて寝る、というよりは気を失うようなもんだったが、
まあ、これも慣れでしょう。慣れ。

ご同行の皆さまお疲れ様でした。
御一緒する事で自分一人とは、また違った目線で物を見る事が出来、
とても得る物が多かった。
どうもありがとうございました。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。