上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.22 真空ポンプ
木の指輪にプレポリマーをより深くに浸透させられないものかと、
あるサイトで見つけた100圴空気入れを改造した真空ポンプを真似して作った、
うちの自作真空ポンプは、あまり時間を掛けて設計をせずに、
適当にホームセンターで考えながら買ってきた材料で作ったお粗末な物で、
空気漏れが激しい。真空ポンプとうたうのはおこがましい低圧ポンプだ。

しかしながら一応中に小さな風船を入れて空気を抜くと、
3倍程度に膨らむので、1/3気圧ぐらいにはなっているのだろう。
使用時は空気の漏れる箇所を押さえながらなので、
嫁と2人掛かりの作業となる。

実際、低圧下での空気とプレポリマーの置換法は
それなりに効果があるようで、刷毛塗りのものと比べると、
強度がありより深く液が内部まで浸透しているようだ。

しかしながら、このプレポリマーが低圧条件下において
どういう状態になるのか、理系のくせに物理、化学が苦手な
自分にはさっぱり分からない。
今は一応効果が得られているものの、実際これ以上低圧に
晒されたら急に溶剤が気化していくとも限らないし、
計器等もついていないので、はっきりと1/3気圧なのかも分からない。

逆に圧力がかかる方なら、カプラ等エアーツール関係のパーツが使えるので、
簡単に装置も作れそうだし計器なんかも結構安価で見つかるのだが、
低圧となると難しい。ゴムのホースもひしゃげてしまいそうだ。
使用頻度が高ければ、今の装置では心もとないのだが、
ちゃんとした真空ポンプは高いし、
大体そこまで低圧にする必要があるのかどうかも分からないし、
自作品を見直しての、作り直しは必要かもしれないが、
電動の本格的な物を導入する程の投資は躊躇してしまう。

そんな事を考えながら、今日久々に仕事が早く終わったので
職場近くのよく立ち寄る中古機械屋をのぞいて何気なく
真空ポンプの事を聞いてみると、結構中古市場では流れているそうだ。
一体どういう業種の人が使うのかと聞いてみると、
エアコン等を設置する際に、本体と室外機を繋ぐパイプに
ガスをつめる訳だが、その前に真空ポンプで空気を抜いてしまうらしい。
どれぐらいで手に入るのかと聞くと、7、8000円程だそうだ。
その程度のリスクなら背負えるので、早速見つけたら入れてもらうように
お願いした。
中古機械の業界でもオークションというものがあるそうで、
この店の客層ではあまり出て行く物ではないので
今まで見かけてもスルーしていたそうだ。

そんなに上手いこと話は進む物でもないだろうから
真空ポンプを手にしているのは何時頃になるのか分からないが、
まあ、よかった。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。