上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.07 カッターの刃
仕事ではカッターの長い刃をしならせて使うことが多い。
だから、切れ味が落ちたからといって、刃を折っていくと
短くなって次第に使いにくくなってくるのです。

これがもったいなくて、切れ止むと刃先だけ研いで使っていました。
もちろん、材料への食い込みなど切れ味は折りたてのものよりも少し劣るが、
短くなっていかないのでいつまでも長さは使い易いままでした。

だからもう、3年程同じ刃を繰り返し研いで使っていたのですが、
流石に刃先もちょっと厳しくなってきて、そろそろ限界かと
思っていた矢先にかなり根元で折れてしまいました。
たかだかカッターの替え刃でも3年も使いつつけていると、
折れたときにはそれなりにショックでした。

恐らくコスト的なことを考えても頻繁に折って、
切れ味を保って仕事に臨む方がよっぽど効率的なんだろうと思うが、
なかなか「ポキッ」と割り切れないのです。

stool

写真は特に本文とは関係無し。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。