上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.22 感触
以前ここでも取り上げた、縁あって手もとにきた片面だけ目がきってあるヤスリ
その後も使っているがとても調子がいい。
それまで使っていたその辺りで買った普通の目立てヤスリは
すぐに滑るようになってしまったが、これはまだまだ快調だ。

形状からもおそらく鋸の目立て用のしっかりしたもなんだと思う。
このようなヤスリはあまり店に並んできるのを見た事がない。
そんなに血眼になってあちこち探した訳ではないので何ともいえないが、
こういったものは今はそんなに求められておらず、供給もされていないのかもしれない。

超硬などにも使えるダイヤのドレッサーはいろいろとあるし
価格もだいぶ手に入れやすくなっているようだ。
ルーターのビット等の目立てでは活躍するし、むしろダイヤでなくては
役に立たないと思うが、
ヤスリとの決定的な違いは感触だと思う。

固いはずの鋼が確実におりてゆく。
「ずいっ、ずいっ」
という確かな手応えが伝わってきて、鋼の表面をおろしていっている様子が
目に浮かぶようである。

よい道具を使っているといろんな「いい」感触を感じることができる。
これは、どんな職種でも同じなのではないかな。
そして、作り手にとってはとても大切な事なんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。