上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.19 革包丁
kawakiri

以前にいろいろと道具を譲り受けた中に革包丁があったのを思い出して引っぱりだした。
木の仕事では特に使い道も思いつかなかったので眠っていたが、
このところ嫁も革細工に力をいれているようなので、使えるようにした。
この刃物のことはよく知らなかったので少し検索してみたが、
普通に片刃の刃物として研いだらいいようで、鑿のように裏出しもするらしい。
良いものはちゃんと鋼と地金が鍛接されているようだ(これは違った)。
革を裁断するときの抵抗を考えると、しのぎの角度は鋭角にしないといけないように思う。

それにしてもこの刃物、
なかなか危なっかしい割には、それらしく思えない。
馴染みが無いせいか、ぺたっんとした「ヘラ」の様な外見からは、
鑿のような「いかつさ」は感じられないし、
使うときは柄を、グワシッと握って手前に引くのだから
勢い余ったり、押さえる手の置き場所を間違えたりしたらえらいことになる。
未だ見たことの無い革細工の職人の世界で、
ぼんさんが、ついうっかりサクッとやってしまったところなんかをひとり想像して、ぞっとして、
嫁に「気をつけて使いや」と言いました。




追記:この記事を見た革のプロの方からご指摘のメールをいただきました。
革包丁の握り方は切腹をするときの小刀の握り方と同じなので、そんなに勢い余って
サクッとなんて言うことはあまり無いそうです。逆にカッターなんかの方がよくサクッといってしまうとか。
僕は切腹をしたことも見たことも無いですが、小指を刃物側にする握り方では
そんなに勢い良く刃を走らせることもなさそうですね。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。