上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり立体となると、
平面よりも よりリアルに力のかかり方などが見えてきたりして、
目切れなど、注意しなければならないポイントも ハッキリしてきて、
とりあえず、出来たのは出来たのだが、
細かい面の取り方など、どうしても決めれず、
足4本とも、少しづつ違った雰囲気を試したり、
試しに貫を入れずに組んでみたら、
足下が非常にスッキリとして そのかたちに惹かれたりして、
なんだかんだ言って此処からがスタートの様な気がしてきた。
 
子供椅子p-6子供椅子p-5
子供椅子p-7子供椅子p-8

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。