上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッチンカウンター下収納。


壁の途中から天板が生えているようなこの手のタイプは、
大抵Lアングルなどの金物で取り付けられていますが、
長年の使用で、天板が前方に垂れ下がって来る場合も多い。

天板がシンク側から延長されている前回のケースよりも
垂れ下がりの心配は更に大きくなります。

今回、この天板の補強に加え、天板下のスペースも有効に活用するために、
棚を製作、施行しました。






bifore

キッチンカウンター下棚1




after

キッチンカウンター下棚2




これで、カウンターも重さを気にすることなく使え、収納スペースも増えました。

カウンターの下にダイニングテーブルを潜らせて使われる方もいらっしゃいますが、
そうでない方、この天板の下に収納を希望される方もたくさんおられます。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。