上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.16 椅子の試作
sisakuisu

椅子の試作を作っています。

当たり前ですが椅子は難しいです。

体重がかかるので、きっちりとした精度で作らなければならないし、
どういった構造にするか等も奥が深いです。

何よりも既に数十年も前にすっかり出尽くして完成いるものに、
今更この僕がどのようにかかわって行こうかと考えてしまうのですが、
自然と姿勢のよくなる椅子、姿勢よく座った状態が一番楽な椅子、
逆に姿勢が悪くなりにくい椅子という、
結局姿勢の悪い僕自身が抱えている問題を解決するためのものというところから始めています。


座り心地というのも難しいもので、
家具屋に並んでいるものでも、座って違和感を感じるものが多いので、
「自分の体型がおかしいのか?」、「何か意図があってのこのカタチか?」等、
逆に深読みしてしまうこともあります。


座り心地を決めるのは、座面と背板の高さ、角度がほとんどですが、
それらを図面上だけで決めることは難しいので、
先日の「体でデータ取ってます」という記事で書いたような
ポイントを測るための試作に座り、検討します。

それで今回導きだしたポイントが、一般的な椅子の座面と背板の関係とは
少し違うものとなりました。
どうしてそうなったのか僕にはサッパリ分かりません。
やはり僕の体型が一般的ではないのかもしれませんが、
まあ、一度このポイントで作ってみて、
色んな人の感想を聞いてみたいと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。