上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.14 筋を違える
実は昨日は、クヌギの木の下を少し掘っただけではなくて、
ふと登りたくなって登ったのです。

直ぐ側に、力強く握るのに丁度良い頃合いの径の竹が2本、
これを掴みながらよじ登れと言わんばかりに生えてますんで、
それでは仕様がないなと持ったスコップばったと落とし、
するすると登っていきました。
正直もうすっかり鈍臭くなっていて、昔のように
身軽に上手くはいかないかなと思っていたのですが、
難なく登れて気がつくと結構な高さに来てました。
下を見下ろすと、嫁が半分あきれ顔で、
「もう、落ちんとってや。」
と、足にたくさん付いた『引っ付きむし』を
不機嫌そうに取りながら言うのを見て、
「あほちゃうか。そんなもん、最後に玄関入る前に取ったらええがな。
この辺歩いとったらまだまだ付くやろに。」
と、声に出さずにただそう思いました。
もう、4メートル程の高さまで来てたので、
まだ少し行ける気もしたけど、これ以上行くと落ちたら
ただでは済まなそうなので、此処まで来て何があるという訳でもないけど、
とりあえず、ただでさえ小さい嫁が更に小さくなってる姿だけを確認して、
降りていきました。

降りて家に帰って、
「おれもまだいけるな。」
なんて思ってたら、何となく左の背中の奥の方に違和感を感じてきまして、
なんか寝違いの様な痛さがだんだんと来まして、
どうやら筋を違えたようです。
肉体労働とはいえ、こんなに瞬発力を使う事もそんなに無いので
無理がきたんでしょうか。
情け無い話、1日経った今もまだ痛いです。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kittenkick.blog70.fc2.com/tb.php/61-ac0e6f33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。