上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本業である木工以外にも、色々とものづくりには興味があるのですが、
中でも木工ではとても真似できない技術、180°発想の違う技法などは
軽くあこがれをいだいてしまったりするんですね。

型に流し込んで複製を作るキャストもその中の1つで、
3次元的な立体物を正確に複製できると言うのは、
木工ではなかなか考えられません。

以前よりこのレジンや、金属のキャストを
より詳しく知りたいと思っていたのですが、
この度、お知り合いのモデラーの方をお招きし、
簡単なレジンキャストの流れをつかめる講習会を開いていただきました。




キャスト1


キャスト2


キャスト3


キャスト4


キャスト5


キャスト6

レジュメまで付くっていただき、
非常に分かり易い講習会となりました。

シリコン型は効果時間の都合上、手順を追うかたちで
持ってきていただいた工程ごとの見本を元に説明していただき、
型にレジンを流し込む作業は体験させていただきました。

複製も成功!

さて、これが今後の製作にどう生きるかはまだまだ分かりませんが、
とても楽しい講習会となりました。

このような講習会、隙あらば今後もやっていきたいですね。

もちろん自分が楽しむためです。(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。