上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

虹紙製作所の嫁です。


2週連続ですが、今度の日曜日のワークショップのお知らせです。







 〜私のワークショップのコンセプト〜

 ・初心者の方にも楽しんでいただける。
 ・色々な素材を使う。
 ・色々な道具を使う。

この3つをいつも大切にワークショップを開催させていただいています。






 6/7(日) 13:00〜17:00頃
 
 「吉野杉のアテ材を使ったスプーンづくり」 in ちてはこカフェさん

  4,000円(消費税、材料費、お菓子代金込み)




今回の素材は、「革」ではなく、「革と木」でもなく、「木」です。

ちてはこカフェさんは、奥様はカフェを、旦那様はレザーの教室をされていますので、
「木」で何かをつくるワークショップをというご依頼でした。

頭にパッと浮かんだのは、スプーンづくりのワークショップ。
でも、彫るのに硬くて危ないし、時間もかかるしなど、
リスクが多いなぁ・・・・・。

無理かなぁ。。。。。。





そんな時に、吉野杉のアテ材に出会いました。

杉であれば、木の中でも比較的軟らかくて削るにもそんなに苦労しないだろうし、
可能性があるかも??

と思う一方、強度の面で不安がありました。


考えててもしょうがないので、実際に製作して、使ってみよう!!


何度か試作を重ね、自分で実際に使用し、洗ったり、少し乱暴に扱ったり。

他の木のスプーンと同じですが、後々のメンテナンスさえきちんとすれば、
問題なく使ってもらえるということが分かったので、この材料を採用。



アテ材とは、
少しややこしい傾斜してる地形に生えてしまった木は、
まっすぐ垂直に伸びようと踏ん張るのですが、
その踏ん張って、頑張った力を持った部分です。
素直な部分より硬く、希少です。






製作過程です。

材料をしっかり固定し、彫刻刀で削っていきます。

スプーン1






外側のカタチを小刀などを仕様し削ります。

スプーン2




そして、ペーパーをかけて出来上がりです。

スプーン3


ご自分でもお手入れしやすいように、仕上げはクルミオイルなどの食用油で拭きます。



今後、このシリーズでのワークショップを考えています。
器やバターナイフやバターケース、トレイなどなど。


そして、ちてはこカフェさんで、食事をご用意していただき、
製作したものを使って、食べれたら楽しいなと思っています。
(ちてはこカフェさんお願いします。)



楽しいものづくり、途中には休憩をはさんで、ちてはこカフェさんのおいしいおやつを
いただきながら、マイスプーンをつくってみませんか?

お待ちしていまーす。


お申し込みはこちら→MAIL


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。